度数ないしサビアンシンボルの使い方 その2、スピルバーグを読む(音声)
5ffccf62da019c505ffe9687

度数ないしサビアンシンボルの使い方 その2、スピルバーグを読む(音声)

¥899 税込

※こちらはダウンロード商品です

spielberg.mp3

27.7MB

出生図をサビアンで読んでみる事例の2で、映画監督のスピルバーグを取り上げます。仕事ばっかりしてて、人生そのものは人が見るほどのものがない退屈なものではないかと感じました。たくさん仕事をする人は他人からすると単調です。10ハウスに天体がなく、2ハウスと6ハウスばかり。つまり、コンセプトがはっきりしないまま、日々の仕事に追われて、気がつくと晩年になっているという。ここからすると、ロン・ハバードのほうがはるかにトラブルメーカーで、バラエティがあります。月、太陽、土星のセットを読み、次に年齢域ごとに読んで、全体のイメージを組み立てます。 mp3 60分。 spielberg.mp3